施工管理にある求人の仕事とはそもそも何ですか?

施工管理にある求人の仕事とは具体的にどんなものなのでしょうか。

プロセスを例にあげて、お話ししてみます。

◎施工管理を甘く見て求人に応える人が多い。

施工管理の求人にある仕事内容とは、建築業界ですすめられている工事現場に立って、多くの作業工程が間違いなく工程通りに進行しているかを管理する仕事です。

施工管理の求人をみて応募する人の中には、軽くみて応募し門前払いをされる人もいます。

施工管理といっても、見守る・管理するといったような生やさしい仕事ではありません。

ほんの一例ですが、現場に出入りする職人さんの作業管理、工程管理に始まって、最終的にはコスト管理まで数十のプロセスをチェックする仕事です。

仕事内容を一部でも軽視してしまうと、トラブルに発展します。

少し前にこんな事件がありました。

▽気になる事件:杭打ち偽装 コスト優先・安全軽視…/浮かび上がる業界体質

下請けの方は元請けがきちんと技術管理を行っていなかったからとおっしゃっています。

この事件からわかるように施工管理が重要で責任重大な仕事だということです。

このような事件が二度と起こらないように、施工管理を目指す方は頭の片隅にこの事件のことを覚えておくと良いかもしれません。

◎職人と同等の知識がないと相手にされない。

たとえば作業管理といっても、それが正しく行われているか、行程の中の手順や時間に支障はきさないかなど、職人さんに見合っただけの知識がないと見極めることは不可能です。

またコミュニケーションが円滑に取れる間柄になっていないと、時によっては馬鹿にされたり口をきいてくれなかったりすることもあります。

施工管理と簡単に言いますが、人の上に立って管理をするということは、それくらい厳しくむずかしいものです。

◎施工管理の仕事はむずかしくキツい仕事です。

将来的な安定は保たれますが、根気と探究心が必要な仕事です。

施工管理の求人にある仕事内容には、安全管理、品質管理も含まれます。

いわゆる現場の作業工程をトータルで把握し、品質・安全・コストに関わるすべてをマネジメントする仕事です。

そのうえ、超難関の資格試験に合格する必要があります。

安定はしますが、よほどの努力と経験がないと先にはすすめません。

Comments are closed.