施工管理の求人が増えていますが?

施工管理の求人が増えていますが、有望な就職先・職業としては簡単にエントリーできるのでしょうか。

考えてみましょう。

◎建設業界は人手不足がみえみえ。

施工管理の求人が増えて、建設業界の内状はみえみえの状態にあります。

圧倒的な人手不足・人材不足にあって猫の手も借りたいくらいです。

その意味では施工管理の職業というのは、将来的にこれほど有望な安定した職業は他にありません。

応募先に選ぶのであれば、間違いなく100%職にありつけます。

一般企業も人材不足と言っていますが、ハッキリ言って一般企業ほど当てにならない就職先はありません。

景気が悪くなれば問答無用で解雇し、政治もそれをバックアップするような法律をつくってしまうからです。

◎施工管理の求人に応えられる資格の取得。

ただし施工管理の求人に応募するには資格が必要です。

運良く無資格で職に就けても、施工管理を遂行するための超難関試験を突破する必要があります。

建築設計技師は資格さえ取れればお客さん(施工主)を獲得することができますが、施工管理の仕事はそう簡単ではありません。

資格取得から数年間は現場に立って、実績・経験を積む必要があります。

現場の職人さんたちと、まともにコミュニケーションが取れる能力を習得する必要があります。

女性で施工管理職に就いた方のインタビュー記事を見つけたのでご紹介します。

〔気になる記事はこちら・・・名前は残らないけど、縁の下の力持ちになりたい -東亜建設工業・高橋ひろ子さん | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

この記事を読むと如何に大変かがわかるので是非参考に読んでみてはいかがでしょう。

◎施工管理の求人は増えていますが、資格を取り現場に出て一人前になるには、数年の月日がかかります。

日本中の業界が人材難の時代を迎えています。

施工管理の求人に応えるのは賢明な策ですが、能力・根気、研究心、コミュニケイトする対人力など、多くのスキルを高めるのに年月がかかります。

それさえクリアできるなら一生の仕事にできます。

Comments are closed.